>  > ディクセル M type ブレーキパッド フロント BMW F12(カブリオレ) M6 LZ44M M カーボン・セラミック・ブレーキ除く 2012年04月~

VMware の仮想マシンを AWS に移行しよう! ~ VM Import/Export (CLI) 編 ~

2016.02.17

VMware の仮想マシンを AWS に移行する方法について、今回は実践的な内容を紹介します。

ディクセル M type ブレーキパッド 19インチ フロント BMW F12(カブリオレ) M6 LZ44M M カーボン・セラミック・ブレーキ除く GEAR 2012年04月~

本コラムでは、オンプレミスにある既存のサーバーをクラウドに移行する方法について紹介させていただきます。移行元は VMware vSphere の仮想マシンを使用し、移行先は AWS のクラウドサービスを使用して 三菱重工 業務用エアコン エクシードハイパー天吊形 シングル56形FDEZ565H5S(2.3馬力 三相200V ワイヤード)、全 3回の連載で進めていきます。

今回は、第2回「VMware の仮想マシンを AWS に移行しよう! ~ VM Import/Export (CLI) 編 ~」 として、 VM Import/Export (CLI) の機能を利用した、コマンドによる実践的な移行方法 について紹介します。

移行要件と環境準備について

今回のコラムでは、AWS の VM Import/Export という機能を利用して、VMware vSphere の仮想マシン (Windows) を AWS に移行します。

VM Import/Export を使用すると、仮想マシンイメージを既存の環境から Amazon EC2 インスタンスにインポートすることや、元のオンプレミス環境にエクスポートすることが簡単にできます。
また、AWS の使用料金は、Amazon EC2 および Amazon S3 の標準的な使用料金のみで、追加料金はかかりません。

また、VM Import/Export には、前提要件がありますので、下記のドキュメントページから事前に確認します。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/VMImportPrerequisites.html

今回、移行を試すにあたり、下記の検証環境を用意しました。

F12(カブリオレ) ディクセル 2012年04月~ ブレーキパッド フロント ブレーキパッド カーボン・セラミック・ブレーキ除く カーボン・セラミック・ブレーキ除く BMW M M6 LZ44M M type

  • vCenter Server 6.0 Update 1 x1台
  • ESXi Server 6.0 Update 1b x1台
  • 仮想マシン (ゲスト:Windows Server 2012 R2 64bit) x1台
    ※ Windows マシンを AWS 上に移行する場合には、事前に RDP のアクセス許可の設定をしておくことを忘れないようにしてください。

操作端末には 【送料無料】【AT-250BNS4-BL】 メルコエアテック 外壁用(ステンレス製) ベントキャップ|網 【AT250BNS4BL】[新品]【代引き不可】、事前に EC2 CLI ツールをインストールしておく必要があります。セットアップ方法については、こちら を参照してください。

準備が整ったら、実際に移行作業を開始します。VMware vSphere の仮想マシンが AWS の EC2 インスタンスになるまでの全体の流れは下記のとおりです。

  1. VMware vSphere 上の仮想マシンを操作端末にエクスポートする
  2. エクスポートした仮想マシンの仮想ディスクを ec2-import-instance コマンドを使用して EC2 インスタンスとしてインポートする
  3. インポートされた EC2 インスタンスを起動する

 1. VMware vSphere 上の仮想マシンを操作端末にエクスポートする

まず始めに、vSphere に接続をし、移行対象となる仮想マシンを OVF テンプレートとしてエクスポートします。(エクスポートするためには、事前に仮想マシンがパワーオフ状態となっている必要があります。)

vSphere 上での OVF エクスポート操作画面

エクスポートが完了すると、操作端末に OVF ファイルと仮想ディスクが保存されます。

エクスポートされた OVF ファイルと仮想ディスク

2. エクスポートした仮想マシンの仮想ディスクを ec2-import-instance コマンドを使用して EC2 インスタンスとしてインポートする

EC2 CLI ツールの ec2-import-instance コマンドを使用して、エクスポートした仮想ディスクを AWS にインポートします。

コマンド構文

ec2-import-instance disk_image_filename -f file_format -t instance_type -a architecture -b s3_bucket_name -o owner -w secret_key -p platform_name -O your_access_key -W your_secret_key

実行してみると、下記のような出力が返ってきます。

ec2-import-instance コマンド実行直後

あとは、ひたすら待つだけです。移行が完了すると、AWS の EC2 インスタンスにインポートした仮想マシンが表示され、起動して利用できるようになります。移行自体はコマンド 1行で行えるため非常に簡単ですが 、参考までに、このコマンドが具体的に何を行っているのか説明します。

(1) 仮想ディスクファイルが AWS S3 にアップロードされる

ec2-import-instance コマンドを実行後、まず始めに指定した仮想ディスクファイルが AWS S3 にアップロードされます。このとき、仮想ディスクファイルが 10MB のファイルに分割されてアップロードされていきます。

S3 バケットにアップロードされた仮想ディスク

アップロード処理が完了すると、コマンドの結果が下記画面のようになります。

S3 アップロード完了の出力

(2) S3 にアップロードされた仮想ディスクファイルが EBS に変換される

分割されたすべての仮想ディスクファイルのアップロードが完了すると、EBS に変換されます。このとき、すでに EC2 インスタンスは作成されていますが、EBS がアタッチされていない状態のため、まだ起動することができない状態となっています。このときの進捗状況を確認するには、ec2-describe-conversion-tasks コマンド を使用することで、確認できます。

ec2-describe-conversion-tasks コマンドによる進捗確認

2箇所ある Status がどちらも completed になると移行完了です。完了すると 【マルチベーカー MAX-1 パニーニグリル MAX-1-SPC0101】 幅270×奥行455×高さ195(mm)/業務用/グループA、

ディクセル M type ブレーキパッド フロント BMW F12(カブリオレ) M6 LZ44M M カーボン・セラミック・ブレーキ除く 2012年04月~

[CB-SSC6]パナソニック 分岐水栓 TOTO社用タイプ 卓上食洗機用分岐金具 【送料無料】■■■送料込価格■■■

、変換された EBS が EC2 インスタンスにアタッチされます。

 3. インポートされた EC2 インスタンスを起動する

AWS Management Console にログインし、インポートされた EC2 インスタンスを起動します。

インポートした EC2 インスタンスの起動画面

RDP 接続画面

EC2 インスタンスの起動完了後、リモートデスクトップ接続により正常にログイン可能かどうかを確認します。

最後にやること

以上で、移行は完了しましたが、実は、S3 上にアップロードした仮想ディスクのファイルが残ったままとなっているため こたつ 送料無料 [チェルシー ナチュラル] 150cm幅、それらを削除するのを忘れないようにしましょう。残り続けていると、S3 の使用料が無駄にかかってしまいます。削除する方法としては、ec2-delete-disk-image コマンドがあります。

コマンド構文
ec2-delete-disk-image -t task_id

ec2-delete-disk-image コマンドの実行画面

おわりに

いかがでしたでしょうか。ec2-import-instance という一つのコマンドだけで、簡単に AWS 上に仮想マシンを移行できることがお分かりいただけたかと思います。今回実施した内容については、AWS の公式ドキュメントページにも手順が案内されていますので、そちらも確認しながら実践してみると良いと思います。

VM をインスタンスとして Amazon EC2 にインポートする
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/UsingVirtualMachinesinAmazonEC2.html

次回は、
第 3回「VMware の仮想マシンを AWS に移行しよう! ~ AWS Management Portal (GUI) 編~」
— GUI による移行方法を紹介します。

となります。vSphere 環境向けに開発された専用のアプライアンスを用いた GUI 上での操作となりますので、さらに簡単に移行を行うことが可能です。楽しみにしていてください!

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は 【イベント開催中!】 GPR DEEP TONE STAINLESS STEEL 【ディープトーン ステンレススチール】 (TRIUMPH SPEED TRIPLE 2011-13 2IN1 SLIP ON DOUBLE MUFFLER EXHAUST) スリップオンマフラー、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。

この記事を読んだ人がよく読む記事